ホーム » 日常 » お金の浪費には敏感なのに時間の浪費には鈍感な日本人

お金の浪費には敏感なのに時間の浪費には鈍感な日本人

日本人の特色としてお金をいかに節約するか
という意識の人が多いと思います。

お金の浪費に対しては日本人は敏感なのではないでしょうか?

 
でも時間の浪費に関しては皆さん鈍感な感じがします。

 

clock2

 

夜遅くまで残業するのが普通になってる気がします。

社会一般がそういう風潮になってますよね。
定時で帰るのがさも悪いみたいな。

 
アメリカとかではここらへんの感覚が違うんですよね。

「残業をするのはその人の能力がないからだ。」

みたいな考え方です。

 

アメリカでは定時になると一斉にみんな帰るそうです。

 
私、このアメリカの考え方の方がいいと思います。

 

リミットが決まってるからそれに合わせて
スケジュールを立てますし、ちゃんと効率的に
仕事をこなすようになると思うんです。

 
でも初めから残業を前提に業務をしていると
効率的になれないのではと思います。

 
「残業すればいいや」

 
では効率は上がりません。

 
また、そうしている間にもその人の残りの人生の
大切な時間はどんどん浪費しているのです。

 
時間の浪費は確かに気づきにくいものですよね。

お金は分かりやすいですが。

 
気付きにくいからついついダラダラしてしまうんだと思います。

 
なかなか気づきにくいものですが、
この記事を読んでいるあなたには気付いてほしいです。

時間の浪費をしていませんか?

 
今こうしている間にも残りの人生は
少なくなっています。

 
大切な時間を浪費しないように注意してほしいです!

 

 

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です